2013年08月23日

幸せの泡

こんにちはface02
いよいよ8月も残り1週間となりましたね。
まだまだ残暑が厳しいですが
皆様いかがお過ごしでしょうか?icon01

本日は結婚式やお祝い事に使用される
シャンパンにまつわるお話をご紹介します。

結婚式に出席した際、
乾杯でシャンパンが出てきたという記憶はありませんか?
じつはこのシャンパン
フランスではこんな神話があるんです。



シャンパンの発祥地・フランスのシャンパーニュ地方では
シャンパンの泡(気泡)は「幸せ」を意味します。
そしてグラスに注いだ泡が下から上へと流れる様子は
「幸せが下から上へと止まることなく永遠に続いてほしい」
という願いを表します。

このことから幸せを願うおめでたい時には
シャンパンが使われる事が多いのです。

また乾杯の際、
グラスとグラスを合わせて音を鳴らしますが
この行為にも意味があるんです。

それは何かといえば「魔除け」です。
大きな音を立てて、悪魔が近づかないようにするための
一種の「おまじない」なんです。

ぜひ結婚式の時にはお隣同士で
なるべくたくさんの方とグラスを合わせてくださいねicon14


この記事へのトラックバックURL

http://blogsrc.lr-group.jp/t574
上の画像に書かれている文字を入力して下さい