2014年06月20日

ブーケにまつわる心温まる言い伝え・・・

皆様、こんにちは☆
スウィートローゼスクラブ岡崎のブログをご愛読頂き ありがとうございます

本日は「ブーケ・ブートニア伝説」というセレモニーをご紹介させていただだきます
皆様はこの伝説をご存知でしょうか?

昔々の欧米の結婚を誓った恋人のお話です

恋人へのプロポーズの決意をした男性が女性の家へ向かう途中
野に咲く花を一輪一輪摘み取りひとつの花束にしました

その花束を胸に男性は女性の家へ辿り着きました

そしてチャイムを鳴らし
出てきた女性へ「僕と結婚してください」の言葉と一緒にその花束を差し出しました

女性はその花束を受け取り プロポーズの返事としてその花束から一輪抜き取り
男性の胸元のポケットに挿したのです♡

これが「ブーケ・ブートニア伝説」の始まりです!

野に咲く花なんて色合いや量ももしかすると寂しかったかもしれません
それでも愛する人の為 一生懸命花を摘んだ男性の気持ちと
それが伝わり 答えたいと思った女性の気持ちが
こんなステキな物語を生んだのだと思います(*^^*)

例えば
このお話をウェディングセレモニーとしてチャペルで再現してもとってもステキですね♡
バージンロードをその道に例え バージンロード沿いのゲストにお花を持ってもらいます
新郎の入場の際 新郎はゲストから一輪一輪花を受け取ります
その花をひとつの花束にし 新婦の入場を待ちます

真っ白なドレスとベールに包まれた新婦が新郎の元へやってきます
そしてその花束をプロポーズの言葉と共に差し出し 新婦はその花束を受け取ります
そしてそこから一輪を新郎の胸ポケットへさすことで 
「あなたと結婚します」という証になるのです!


想像するだけでとっても心温まる瞬間だと感じませんか?




もしそれをスウィートローゼスクラブ岡崎でやってみたい!!
と思ってくださったなら
その際に バラを使用してみてはいかがでしょうか?
「ダーズンローズ」のセレモニーといって「ダーズン=ダース=12本」のバラを使用します

「ダーズンローズ」には「愛する人に12本のバラを送ると幸せになれる」
という意味あります
12本のバラにはそれぞれ
「感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠」
といった意味が込められており

それをふたりの愛を誓うバージンロード チャペルで表現することで
ゲストの皆様から受け取るそのバラにはより一層想いが込められますよね(*^^)

みなさまもこんなステキな「ブーケブートニア伝説」のセレモニーを
バラがシンボルのスウィートローゼスクラブ岡崎のチャペルでしてみたくはないですか?




お式での演出を考える際に ぜひ「ブーケ・ブートニアのセレモニー」も
ご検討していただけたら嬉しいです☆



この記事へのトラックバックURL

http://blogsrc.lr-group.jp/t885
上の画像に書かれている文字を入力して下さい